落語研究会「藁人形」入船亭扇辰【TBSオンデマンド】

公開日: 



落語研究会「藁人形」入船亭扇辰【TBSオンデマンド】
コメント:「落語研究会」は、明治38年に当時の落語界に危機感を持った落語家たちが、‘落語の研究、後進の養成、寄席改良’をスローガンに、本格の落語を目指して始まった歴史ある会。現在では、落語家が人前で演じることによって芸を研くことに重点がおかれ、TBS主催により毎月国立劇場小劇場で当代の人気落語家たちによって、珠玉の演目が披露されている。お届けするのは、入船亭扇辰(いりふねてい・せんたつ)による「藁人形(わらにんぎょう)」。

「藁人形」
神田龍閑町(りゅうかんちょう)にある、ぬかを扱う商家・遠州屋のひとり娘・おくまは、‘町内小町’や‘今小町’と呼ばれるほどの器量良し。だが年頃になると、男と手に手をとって上方へ逐電してしまい、久方ぶりに江戸に舞い戻ったときには、店はつぶれ両親もすでに他界していた。やけを起こしたおくまは、千住の小塚原にある若松屋という女郎屋に身を売ってしまう。その後、おくまの部屋には、千住の河原に住む西念という坊さんが、時折お経を唱えにやって来ては、お布施をもらう生活を送っていた。そんな折、おくまに身請けの話が持ち上がる。
【平均評価】 【レビュー】 ⇒詳細はこちら
2017-01-12T9:59:33+09:00DMM

見逃した『落語研究会「藁人形」入船亭扇辰【TBSオンデマンド】』やもう一度見たい『落語研究会「藁人形」入船亭扇辰【TBSオンデマンド】』は、無料で見れるのか?無料で見れないなら、もっも安く見るにはどうしたらいいのか?

-- Delivered by Feed43 service

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑