いつも春の日 Vol.21

公開日: 



いつも春の日 Vol.21
コメント:8年ものあいだ軍務に就いていたチュ家の孫娘インジョン(カン・ビョル)が除隊し、父ミョンシク(ソヌ・ジェドク)と再会の喜びを分かち合っていた。その時、近くに居合わせた老人が倒れ、2人は救護にあたる。老人のドクサン(イ・ジョンギル)は実は大手食品会社KRの名誉会長。献身的な父娘の姿にドクサンは不思議な感情が芽生える。その頃、ドクサンからスカウトを受けたヒョンジュン(パク・ジョンウク)がKRの社長に赴任。さらにドクサンの孫ユノ(クォン・ヒョンサン)も理事として入社してくる。インジョンに好意をもつヒョンジュンと、インジョンのかつての恋人ユノ。何も知らないインジョンはKRに入社し、ぎこちない会社生活が始まった…。一方、ミョンシクに実の親がいることが発覚し…。第61話から第63話を収録。
※作品の価格は変更される事があります、詳細ページで再度ご確認ください。
【平均評価】 【レビュー】 ⇒詳細はこちら
2018-02-02T10:00:15+09:00DMM

『いつも春の日 Vol.21』は無料で手に入らないのか?無料がダメなら、最安値で手に入れるにはどうしたらいいのか?『いつも春の日 Vol.21』の値引き・激安・安売り・割引・予約などの情報。
キム・レウォン 母の死をきっかけで問題児となったへジョン(パク・シネ)は、父に見捨てられ、田舎の祖母の家に引き取られることになる。転校先で心優しい元医者の高校教師ジホン(キム・レウォン)に出会い、投げやりだった人生を変えようと同級生のソウ(イ・ソンギョン)の力を借り、猛勉強する。次第にヘジョンとジホンは、惹かれあっていくが、ジホンに片思いをしていたソウはそんな2人の仲に嫉妬し、ある事件が起こる。結局、へジョンとジホンは離ればなれに。さらにヘジョンの祖母も亡くなってしまい…。13年後、医者となったへジョンは、ある目的を果たすため、クギル病院に転院する。そこで、ジホンやソウと再会することになる。

-- Delivered by Feed43 service

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑