コーポレートガバナンスの3つの原則 1

公開日: 



コーポレートガバナンスの3つの原則 1
コメント:コーポレートガバナンス分野の研究が注目されるようになったのは、1970年代以降のことだが、縦割りの規制システムや評価基準の曖昧さなどが相まって、そのベストプラクティスが出ていない。本書は、コーポレートガバナンスの原点に立ち返り、その意味するところをあらためて概念化しようというものであり、取締役会が長期的視野に立った企業経営の権利を有すること、優れた人材で取締役会が構成されるような仕組みをつくること、株主の「まっとうな声」を反映すること、の3つの原則が示されている。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2016年3月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。
ダウンロード価格:540円
※作品の価格は変更される事があります、詳細ページで再度ご確認ください。
【平均評価】 【レビュー】 ⇒詳細はこちら
2016-10-31T00:00:12+09:00DMM

『コーポレートガバナンスの3つの原則 1』は無料で見れるのか?無料で見れないなら、もっも安く見るにはどうしたらいいのか?

-- Delivered by Feed43 service

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑