第7集 スイングタイム・ビデオ

公開日: 



第7集 スイングタイム・ビデオ
コメント:このアルバムは1964年から65年のベスト・ビッグ・バンドが顔を合わせることになった。アメリカを代表するその3つのバンドはカンザス・スタイルから発したカウント・ベイシー、ニューヨークのハーレムから出発したデューク・エリントン、そして白人ベイシーと云われたハリー・ジェームスの各オーケストラである。彼らはジャズイデオムをバンドカラーとして活躍し、特に工リントンとべイシーは長期に渡りジャズシーンに限りない魅力を発揮した巨人であり、ジェームスはメジャーバンドのべニー・グッドマンから独立して華やかな活動をしたアーチストである。ビッグ・バンドの魅力はダイナミックなサウンドにあることは云うまでもない。各スタープレイヤーの演奏も重要であるが編曲の力も忘れてはならないであろう。そしてコール・アンド・レスポンス(応答型式)はビッグ・バンドの大きなポイントとなっている。単純にくりかえされるリフはバンドの基本的な要素となり、それがバンドのスタイルを作り上げることになるのである。以上の点を前提にビッグ・バンドを聴くと、一段とその良さが味わえると思う。

【※画像・音声に多少の乱れがあります】
【平均評価】 【レビュー】 ⇒詳細はこちら
2015-11-27T9:59:44+09:00DMM

見逃した『第7集 スイングタイム・ビデオ』やもう一度見たい『第7集 スイングタイム・ビデオ』は、無料で見れるのか?無料で見れないなら、もっも安く見るにはどうしたらいいのか?

-- Delivered by Feed43 service

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑